はてはてマーチ

好きなプログラムを好きなだけ語る場所

高橋大輔フリー+全日本色々感想

7月の高橋大輔選手復帰のニュースにはちょっと難しい顔をしていたうちの相方。(負けるの見るの嫌な人)
それが、復帰初戦時のフリーのニュースで、総合3位でも晴れやかに笑ってた高橋くんを見てから様子が変わった(ような気がする)。言葉の端々に応援の気持ちが出てきてた(ような気がする)。
全日本選手権のフリーでは、「大ちゃんは何時から?」と私に確かめて(君、今まで大ちゃんなんて呼んだ事なかったやんけ)超特急でお風呂場へGO。きっちり間に合わせてTV前に座る。
その一連の行動がいそいそして見えたのは私の気のせいなんだろうか。
そんな訳で高橋くんのフリーの演技は家族みんなで見守りました。

高橋大輔 全日本選手権2018
Pale Green Ghosts

とうとう全日本のフリー。
とうとうこの日が来たんだ。
なんかもうそれだけでうっかり泣きそう。(もちろん私が)

高橋くん、充実してるのが良く分かる楽しそうな笑顔を何度も見せてた。
目標の全日本フリー最終グループをショート2位で決めた。
公式練習では軽やかで美しい4回転トゥループも決めた。

もう、もうこれ以上望む事はなにもないぞ!
…と言いたい所だけど、やっぱりあの凄味のあるプログラムの完成を見たいという、観覧者としての欲はもちろんめちゃめちゃありました。

それが、プログラム最後の高橋選手のズッコケ笑顔を見て…、なんかどうでもよくなった(笑)。

ああ、すごい緊張感だったんだなあ、なにかあった時にその中でカバーできるだけの力はまだ戻ってなかったのかなと試合数の少なさが惜しかったけど、そうゆうの上回ってすごく朗らかで幸せな気持ち。

出だしの動きの感触は、実は「おい!カメラ!」ってカメラアングルが自分の好みじゃなかった事にうっかりツッコミを入れてしまってよく覚えてないんだけど…。でも後で見返したらあのヌメリ方が更に人外感を増してた。

そして最初のジャンプ。ギリギリまで悩むって言ってた4回転に挑戦して(やっぱりね)、それが3回転に抜けた事でその後のジャンプ構成も急遽変更する中での演技。得意の3回転フリップでのお手つきにちょっと動揺(私が)。

でも高橋くんの集中は途切れず、ステップは抜群のキレだった。
序盤の「鐘」で作られた重々しく濃い空気を、リズミカルに蹴り上げて動かしていくようなあのクールさが、カッコイイ
刻むようなベースの音とジョン・グラント氏のボーカルと、高橋くんの動きがピッタリ合わさって、空気が震える感じ。

トリプルアクセルはコンボも含めて2回ともお見事。
特に2回目のトリプルアクセルは、グワンっと高く舞い上がってのズバッと感がめっちゃ戦闘って感じ。めっちゃカッコイイ!

後半は疲れが見えて、続けてジャンプミス。相当足に来てたんだろうか。大丈夫かーい?

ところがところが、最後のコレオはスパっと切り替えて迫真の滑りだった。
たたみかけるコーラスの響きが大軍勢の鬨の声みたいにも聞こえる。その緊迫感の中を悠々と身を翻して突き進んでいく孤高の戦士!みたいな!(中二病発症中)
うおおおおお!
やっぱりめちゃめちゃカッコイイ!

ステップシークエンスの時の小刻みに振動するような空気とは違って、長く大きくうねるようなエネルギーのコレオシークエンス。
それに煽られてこっちの体温がグワっと上がる。エネルギーに巻き込まれる。
そうだこれが高橋大輔なんだ!

なんて格好良いんだー!

と脳内大盛り上りで観てましたら…
最後の決めポーズでグラつくという。見てるこっちもズッコケ😂
そこでそうなりましたかー

コレオが迫力だったからこそ、余計に落差が激しくてなんかもう愛おしい😂
一個のプログラムの中だけでこのジェットコースター。
アップダウンあり過ぎて自分の感情が忙しかったです(笑)。

でも楽しかった。
高橋くんの挑戦そのものがめっちゃ楽しかった。
本人はミスが相当悔しいだろうと思いつつ、こっちは脱力して笑ってしまう。

11月の西日本大会であれだけまとまっていたんだから、練習時間の少なかった4回転ジャンプに挑まなければもっとずっと完成したプログラムが見られたかも知れない。
でもまあ、4回転やるだろうなと自分も思ったし、ってゆうか、やらないって予想した人は自分が見渡せる限りの範囲では、ただの一人もいなかったし(笑)。

4回転を跳ぶ事を「見栄…なんですかね?」ってご本人は笑ってましたけど、見栄じゃなくてプライドなんだと私は思う。身の丈以上に自身を飾るんじゃなく、より高みを目指して自分を引き上げるアスリートとしての向上心だもの。
まあ本人が言う分にはなんでもいいか(笑)。

もちろん、4回転ジャンプ抜きでプログラムを完璧に見せるプライドの見せ方だってあるし、安定してない4回転に挑むのはハイリスクな賭けだったと思うけど、挑戦するかしないかで迷った時に、しないという選択をした事って…、今まで高橋選手に一度でもあったんでしょうか。
自分が知ってる限りではないと思うんだけど…。
その辺は大変分かりやすい人なんだなあ😊

ただ
すっきりした演技じゃないとの本人談。
た、確かに。うん。
急に挑戦しちゃったから色々計算が狂ったんですかね(笑)。4回転以外でのミスの連発は悔しかっただろうな。

でも、これが高橋大輔の挑戦で、これが高橋大輔の道のりで、これが彼のやりたかった事なんだなって、失敗でもなんでも挑戦できて良かったなって、なんだかんだで晴れ晴れとした高橋くんの顔を見ながら、本当に心から楽しかった。

高橋くんが全日本のすべてを緊張感も含めて楽しんでるのが、画面からでも伝わってきたからかな。
試合の一瞬一瞬を、全身で味わって喜んでるような様子を見てたら、こっちも自然に嬉しくなってしまう。

試合後の特集番組「新・誰も知らない高橋大輔」(関西テレビ)で、「やってきた事を本番の大事な所で見せる勝負強さ、それが弱かった」とか「ここで出来るか出来ないか」それが「試合の面白さ」ってご本人が語ってらっしゃいましたが、それを言ってる時とてもイイ顔をしてて、やっぱり根っからの負けず嫌いのアスリートなんだなと思った。

本番でのミスは焦っただろうけど、最後まで演じ切る事に全力だった。その思いは伝わって来た。ある意味やり切ったとも言える…気がする。

でも
プログラムの完成云々がどうでもよいくらい楽しかったのは一時的なもので、やっぱりこれはどっかで完成が見たいぞ。とゆうかまだまだPale Green Ghosts が観たいぞー!みーせーてー!

これまで見て来た数々のスケートのプログラムの中でも、めちゃめちゃ斬新な雰囲気を持つペールグリーンゴースト。
角張った感じのアクセントのはっきりした動きが多くて、これがあの高橋選手の出す空気+音楽と合わさると、とんでもない重力の世界になる。重くて暗くて圧迫感のある異世界の空気。
ショートプログラムのThe Sheltering Skyの流麗な無重力感と見事に対照的。

この世界の完成は、やっぱり感じたいなあ。
だって今まで体感した事ないものがクル!ってこんなにハッキリ予感できるんだ。
能力ギリギリの技術を入れると、そっちにエネルギーをだいぶ使うんだろうけど、これで感情がもっと入るようになったら…。
あれ、絶対すごいとんでもない闇が潜んでると思うな…。
それが見たい感じたい体感したい抉り出されたい!

ともあれ、シーズン中のプログラムの完成には至らなかったけど、やっぱり高橋選手の挑戦は清々しかったし、何よりその姿を見るのは超絶楽しかったです。
ありがとうございました!

全日本選手権2018 その他の雑感

女子も、ものすごいドラマだった。まだ全部見終わってないし見た中だけでもいっぱい感想があるんだけど結局まとまらないので、どうしても書きたい事だけ。

表彰台に乗った3人、優勝の坂本さん雄大なスケール感と透明感、伸びやかで美しい所作を持つ紀平さん、端正に磨き抜いた宝石のような宮原さん、みんなそれぞれの良さが出ていて素晴らしかった。
三原舞依ちゃんの「ガブリエルのオーボエ」は、彼女ならではの柔らかさと清らかさ満載で、見終わって優しい気持ちになる幸せな演技だった💕

樋口新葉選手はショート「エナージア」が素晴らしいエネルギーで、すごく好き❤️
肩が大きく使えて動きがダイナミックなのと、音へのノリ方が小気味好くて観てて楽しい。
元気で可愛くて溌剌とした見せ方のできる魅力的な選手だなって思う。
怪我もあって苦しんだシーズンだけど、まだまだこれから。この先が楽しみです。

本田真凜選手、GSフランス大会で見たSPが格好良くて楽しみにしてたけど、今回はジャンプがハマらず力が出せなかった。
どうも最初から自信がなかったんだそうですが、それで最初のあの雰囲気がつくれるのはさすがだ。顔の表情もだけど、身体全体で雰囲気をつくるのが本当に上手で、ちょっとした所作が魅惑的。
上手くいかなくても演技後に精一杯自分を保って笑顔で応える彼女を見て、きっと強い人なんだろうなと思う。きっともっとこれから素敵になる。
その華やかな才能が大きな舞台で輝く日を、心から楽しみに勝手に待ってる!

あと男子の山隅太一朗選手、SPの音の使い方も、FPの丁寧で伸びのある動きや終盤のステップの楽しさも、インタビューでの爽やかさも素敵でしたー。
まだ中学生の鍵山優真選手も素敵な動き方をする選手で、かつて中学生の昌磨くんを見つけた時のようなワクワク感。木科雄登選手も動きに雰囲気があってこれからが楽しみだし、刑事くんや友野くん高志郎くん草太くんもこの先どんどん上がってくと思うし、次の全日本が早くも楽しみです!

TV放送

加納慎介プロデューサー、フジテレビスケート班の皆さん、完全生中継の放送、本当にありがとうございました。
一人一人の選手の輝きがありのままに伝わる、スポーツとしてのフィギュアスケートの楽しさを存分に味わえました。
ネットを使っての全選手インタビューも素晴らしかったです。

フィギュアスケートっていいもんだなあ。

 

高橋大輔 全日本のシェルタリングスカイ

高橋大輔選手の復帰第1戦目の近畿大会と、2戦目の西日本大会は、フリープログラム「Pale Green Ghosts」についてばかり感想を書いてしまった気がする。
第3戦目の全日本選手権ではついにショートプログラム「The Sheltering Sky」にノックアウトされましたウィルソンさん!(振付が David Wilson デヴィッド・ウィルソン氏)

The Sheltering Sky(シェルタリングスカイ)
作曲:坂本龍一

美しく静かに始まるピアノの音と一緒に、流れるように彷徨うように動き始める、その一つ一つの動きが途切れなく美の連続で、なんてゆうかなんてゆうか…ただただ美しい
スケートのスピードと滑らかなエッジの流れと身体の動きの全部が隙間なく流麗で、幻想の世界に一気に連れてかれる。

リンクの上で高橋くんが動くと、空気の質感も色も匂いも密度も、なんもかんも世界が変わって見えるんだ。
あれ、やっぱり魔法だと思う!魔法ですよ!!
あれを全身に浴びたくて、息を詰めて見入ってしまう。(既にあまり正気ではありません)(魔法にかかってるからー)

高橋大輔と音色

情緒的なピアノの旋律に弦の音が加わると、高橋くんの纏う空気が変わる。弦の音の空気になる。ここが好き。
静かに加わったヴァイオリンが、少しずつ少しずつどんどん高音になっていく。細く高く響く弦の音。

美しいピアノの主旋律よりも、むしろどこか不穏なこのを強く見せてくる所が、もうさすがウィルソンさすが高橋大輔!その感性にやられるんだ!

そうか。そっちが肝だったんだ。この曲が自分の心に大きく引っかかってくるのは。

弦の音色が遠い世界からの叫び声のようにも聞こえる。
かと思えばグッと低くなって眉をひそめるみたいに響いてきたり。
美しいのにどこかザワザワするのはこの音色の所為だ。

曲を聴いてるだけだったら多分無自覚のままだった。
彼の動きを見て、気づいてなかった音に気づいたり、自分が惹かれてる音の正体が分かるみたいな事がよくあって、不思議だし面白い。
高橋くんが、一音一音の意味を視覚化して増幅してくれてるからかな。

ただ音楽を視覚化するだけじゃなくて、増幅させる。何か増える
高橋くんの身体から、音楽に何かが加わって出てくる(としか思えない)。

弦の音が伸びる時にフワッと伸ばされる髙橋くんの腕から、音が解放されていくのが見える。(見える!
その腕の伸ばし方で、音が変わる。
響きとか色が違ってくる。そうゆう動き方をする!(正気のつもり

録音された音源なのに…なんでこんな事が起こるんだろう?
音って聴覚だけじゃないって事かな。
視覚からくる音。

高橋大輔が音楽そのものになるという、ファンならよく聞いた事のあるあの言葉を、めちゃめちゃ実感するプログラムだと思った。

音楽に合わせてるんじゃない。
高橋大輔が音楽なんだ!
散々言われてる事だけど、本当に本当にそう言うしかない。他に言い方を思いつかない。
高橋大輔の動きから音楽が出てくる。

あらためて
わけがわからない

動きと感情

そしてステップ。
The Sheltering Sky のステップ。

その直前のスピンから、時間が一瞬止まるような無音の間が切れ切れにある。
スローモーションのような間。
そこでの一瞬の振り向きざま、手を差し伸ばしフッと漏らす笑みが…!

本当に一瞬だけの笑顔。笑顔?
諦め?寂しさ?訣別?え、今のなに?(って何回見ても思う)
幻みたいな儚い表情にこっちは心臓が止まるんだけど。
けど心臓押さえようとする間もなくステップが始まってまた次の展開に持ってかれる。

何かを思いっきり解き放とうとするような大きく動く空気。胸がぎゅーーーっとなる。
あのステップを観てると、自分が強烈に何かを希求してる人になった気がしてくる。不思議。
音楽は感情なんだな。高橋くんのスケートは感情。観てる自分が入り込んで体感してしまう感情。

11月のレジェンドオンアイスでは、何かを追い求めて途中で手放していくような切なさみたいなのを感じた。
全日本でのステップは強さを感じた。強く求める気持ちと、強く捧げる気持ち。
切ないんだけど、曲が終わってポーズを解く前に見せた笑顔も相まってか、なんとなく清々しい印象もある。
見終わって、自分の中の何かが洗い流された感覚。その余韻が心地好い。

その時々で微妙に違う、生きた感情。
これが高橋大輔という人のスケートなんだなあ。これが高橋大輔を永遠に見たがる自分の理由の一つなのかなあ。

本当に本当に、私は、高橋大輔って人のスケートが、好きだなあ

動きの滑らかさ

あとですね!
身体の使い方が以前にも増してとんでもなく柔らかくなってる気がする!(体が柔らかいって意味じゃなくて動かし方が。)
全部柔らかいんだけど特にすぐ目についたのが手首から指先
もともと手の表情がすごくあるスケーターだったけど、更に幅が増えてると思う。
なんかこう、動きと動きを繋ぐ点の数がめちゃめちゃ多くて、動かすスピードのメーターがめちゃめちゃ細かいの。かつ絶妙に力が抜けてる(ように見える)!なんで?なんでその全てが一遍に起きるの???
コレ前からスゴかったけどもっとスゴくなってる。どうなってますかあれ???

めちゃめちゃ繊細で細部まで神経が届いてるのに、作られた感じがない。
あらゆる動きが自然
絶対不自然な体勢のはずなのにそれを感じさせなくて、ただそれぞれの動きの魅力が伝わってくるだけって、すごいなあすごいなあすごいなあ。

この表現の力は、引退中にダンスの舞台や歌舞伎の所作を経験した事で、更に伸ばして来た力なんじゃないかな。
ありがとうLOVE ON THE FLOOR(ダンス)、ありがとう氷艶(歌舞伎×スケートのコラボショー)!
あの結晶が今の高橋くんの中にあるんだな。

その上、1シーズン競技者としての生活をして、身体的にも出来る事がまた増えてってる。
つまり
これからの高橋くんのスケートが(も)楽しみ!!!
(この結論何回目?)

さあ、次の高橋大輔さんのスケートを見られるのはいつですかーーーーーー???

 

あ、あともう一個だけ。

衣装について

高橋くんって髪の毛の先まで演技してるって今までも思ってたけど、今回、衣装の裾の先まで演技してるって思った。

あの紺碧と白の下地が、ヒラヒラとスピンで揺れるあの揺れ方は、ただの布ではないでしょう絶対なんかあるって!なんか!なんであんな繊細に美しく揺れるのさ💢

あと、西日本の時に書き忘れましたが、胸のとこにも何かヒラっと布が出てますよね、あれがまた動きに合わせて揺れるのですね。
袖の部分もね、風が孕むでしょう、あのスピードで。で、はためくと。
美。

全体的にゆらぎの集合ってゆうか、高橋くんの動きもゆらぎだし、音楽もゆらぎだし、衣装もゆらぐし、もうあっちこっちゆらゆら美しくてクラクラします!!!

 

宇野昌磨 全日本フィギュア2018 感想

毎年クリスマス時期に開催される全日本フィギュアスケート選手権
クリスマスほぼそっちのけで夢中になって観てました(TV観戦)。

2018年の男子シングルの優勝者は宇野昌磨選手。
ショートもフリーも気迫あふれる演技で、清々しい優勝でした!

ショートプログラム
「天国への階段」

有名なレッド・ツェッペリンの曲をアコースティックギターデュオ(ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ)がカバーした音楽を使ってのプログラム。

気迫と集中力の固まりだった。
一点集中で放出されるような圧力があって、あのエネルギーに圧倒された。
王者の風格。

会場の観客とTVのライブ中継を見ていた誰もが、直前の6分間練習で明らかに動きがいつもと違う、足に異変があるように見える宇野くんを見て、心配で不安になりながら演技を見始めたと思う。滑り切る事が出来るのかって。

でも曲が鳴った瞬間からよく集中した強いオーラ。
最初の4回転フリップを鮮やかに決めて、そのまま力強くキレのあるスケート。
次の4回転2回転のコンボやトリプルアクセルを難なく決める技術の強さもスゴいけど、何より集中力がすごい。

痛そうなくらい堅く弦を張りつめたようなギターの音が、宇野選手の動きそのものみたいで、ギターが宇野くんに乗り移ってるのかってくらい。実際には宇野くんが音に沿って動いてるんだろうけど、音の方が宇野くんに沿ってるような感じがする。とにかくピッタリ
深く響く音も、こすれるような乾いた音も、弾くような軽い音も、追い立てるような強い音も、全部が宇野くんの動きのためにあるように聴こえるのが不思議。

終盤のステップはさすがに足が痛かったのか、歯を食いしばったように見えた場面もあったけど、スピードもキレも全く落ちなくて、速弾きのギターと一緒にそのまま力強く進んでいく迫力!なんて底力なんだ!!!
宇野昌磨選手の精神の強さ、身体の強さがそのままスケートしてる感じだった。
ゾワッと鳥肌が立つ凄味だった。

本人もやり切った演技だったんですね。
終わって力強く拳を振り下げた姿は、普段闘志を表に出さない印象のある彼には珍しい気がするけど、とても凛々しくて、何かを乗り越えた人の貫禄を感じた。
格好良かったなあ。
強くて大きい。
宇野選手の事は演技以外の情報はほとんど知らないけれど、人としてもスケーターとしても、真っ直ぐな芯を持つ大きな人だなあって今回思った。

フリー「月光」(ベートーヴェン

フリーも素晴らしかった!
実は周囲から棄権を勧められる程の右足首の状態でのフリー強行出場だったそうですが、ショートに引き続き、強い宇野昌磨選手の圧巻の演技。

温かみのある柔らかな前半の音よりも、テンポが速くなる後半のどちらかと言えば厳しさとか激しさを感じるピアノが、あの時の宇野くんにとても合ってた気がする。終わりに向かってどんどんと増す集中力。
ジャンプやスピンに集中する気持ちが、緊張感のある速いピアノの音にハマって聞こえたのかな。
ショートの時と同じ。音楽が昌磨くんのためにあるみたいに聞こえた。

ショートプログラム当日の朝の練習で右足首を強く捻ってしまったと、フリーの演技が終わってからご本人が話してくれましたが、ショートもフリーも演技前は怪我については触れないままの出場。

怪我を抱えたまま試合を続ける事が良い事かどうか、私には分からない。今後の為に休んでほしい気持ちの方が自分は強いし、宇野選手の周囲もそうだったんだろうと思う。

フリーの棄権を説得しようとする樋口コーチに「これが僕の生き方」と出場の意思を強く伝えたという宇野選手。「どんな試合も無理してでも出たい」「大きくまとめるとプライド」と言って出場し、実際に会心の演技という結果を出した。
(下記参照リンク)


直近のグランプリファイナル(2018年12月6日〜9日開催)では、銀メダルという好成績にもかかわらず彼自身は演技に納得できなかったようで、「自分を信じる事って難しい」と少し思い詰めたような顔をしてるのが気になってた。
それが今回の強行出場で「自分の演技を信じる事ができた」と晴れやかな顔を見せてた。

結局、こうゆう究極の選択を迫られた時の答えの是非なんて、本人にしか決められない事なのかも知れないな。
宇野くんは、しっかり診察を受けて、地上を歩けるならという最低ラインを決めた上で、自分のプライドに懸けて出場して自分自身に勝った。
難しいと言ってた「自分を信じる」事が出来て、今回の選択は彼の大きな財産になったんだろうなと思う。

キスクラ編集部さんのツイッターによれば、試合後に「僕の気持ちを尊重してもらって感謝でいっぱいです。自分を信じてよかった」と語っていたそうで、それを聞いたらもう、そうかそりゃ良かったなあ😭としか言えません。
よかったなあ😭😭😭
そして良い青年だなあ😭😭😭

早く良い状態になって良い練習ができますように!

それにしたって、よく重度の捻挫であんなに4回転を何度も決められるもんだなあ。すごい地力だ。