はてはてマーチ

「高橋大輔」を好きなだけ語るブログ

かなだいFD曲の発表!

高橋大輔さんと村元哉中さんが、今季のアイスダンスフリーでオペラ座の怪人
という発表があったのが昨晩(9月11日の夜)。
昼間にあったフレンズオンアイスの録画を観ようと思ったら入ってきた情報に、あれも!これも!一刻も早く見たいんだけど!どうしたら!ってなんか無駄にアタフタしてしまった。幸せ。

2006ー07シーズンで、高橋選手シングル時代にも演じられた「オペラ座の怪人」。高橋くんは15年前って書いてたけど、フィギュアスケートのシーズンで言ったら16シーズン前だ。
当時二十歳だった高橋選手のオペラ座も素敵だったけど、今回の自分のワクワクはちょっととんでもない事になってます。どうしよう。

だって、あれから酸いも甘いもあれもこれも知った高橋大輔氏(36)が、今度は明確にファントムを演じる訳でしょう???音楽を演じるだけじゃなく、ファントムを役として!!そして、クリスティーヌを演じる村元哉中さんが対でいる訳でしょう???

ってか、見ましたか?かなだいチームの公式インスタを!

目が。目が。ヤバイです。
闇の高橋ファントムが見られそうな予感に、期待があがらない訳がない。

そして世界的ステイホーム期に動画で見せてもらった2011年ロンドンでの「オペラ座の怪人」25周年記念公演を思い出してしまった。

ファントム:ラミン・カリムルー、クリスティーヌ:シエラ・ボーゲスの「オペラ座の怪人」。あれを観た時発作的に書いた日記もどきを引っ張り出してしまう。抜粋で。

ーーーーーー

ファントムとクリスティーヌの関係性が、今まで観てきたものより強固に見えた気がした。演出が違うのか、自分が変わったのか。多分両方?
ファントムが何を思ってクリスティーヌが何を思ったのか、その時々でビシビシ伝わってきちゃってこっちの心が持たないくらい切ない。

ファントムだけじゃなく、クリスティーヌの心情が掴めた事が、自分にとってかなり大きかったと思う。

夢見がちで怯えがちで無鉄砲(ゴメン…)な面だけじゃなく、賢さや強さもある感受性豊かなクリスティーヌが見えた分、ファントムとの絆がより現実味を感じる。執着と共依存から、それぞれの自立に変わる愛の強さとか、それが別れの時なのかとか。もうラストの別れが断腸の思い。
それでもファントムが救われたのが分かる。この終わりしかなかったんだって、すごく納得できた。
あとラウルがカッコイイのがイイ!顔とかじゃなくて(顔もだけど)、ちゃんと自立したクリスティーヌが選ぶに足り得るカッコ良さなのがすごく良かった。

それにつけても。
ファントムの、狂気と暴力性と身勝手さを凌駕しそうな、歌声にある包容力と繊細さときたら。

ただのわがままストーカーで片付けられない、この物語の魅力の核。ファントムの純粋過ぎる純粋さ。
細やかな表情や仕草が見せる、彼の脆さと幼さが、放っておけない感満載で、そうゆうのはさぁホントズルイんだけど、そこはまるで計算ナシなのがまたズルイ。

ファントムの嘆きの”why?”に、自分のやってる事をちゃんと見ろおおおおおとツッコミを入れながら、もうこの辺から号泣。観ている自分が矛盾と葛藤と感情の捻れで、心がはち切れるかと思った。泣くしかできない。

ーーーーーーー

…というストーリーを、高橋大輔さんと村元哉中さんがやるんですか????
いや待て待て、フィギュアスケートはフリーでも4分だっけ?2時間半のストーリー全部は無理だから!
でも高橋くんのあの目が。
それを見る哉中サマの横顔も。ああああ夢に出そう〜〜〜〜(本望です〜〜〜〜)

つまり、

かなだい、なんかやってくれそう!!!!

追記:演劇的なものって、演者によって変化があるのが魅力。高橋くんと哉中ちゃんだけのオペラ座の怪人、楽しみです。ド直球でも斜め上でも遥か宇宙からでも、ドンと来いー!

村元哉中/高橋大輔 2022-23 ラテンRD (FOI版)

やっと見られましたフレンズオンアイス2022の放送。
かなだいの放送プロは今季のリズムダンス(RD)の方。ヤバイとは聞いてましたがヤバイ!猛スピードのピンポイントでツボに刺さりまくる!またも心臓破り(私の)なプログラム、キマシタ!

かなだい リズムダンス(RD)
”Conga and Rhythm is Gonna Get You “,”Ahora“and “Move”

今季シニアのアイスダンスにおけるRDの課題はラテン。
課題が発表された瞬間から、かなだいのラテンダンスを楽しみに待ってた人は多いはず。私もです!その注目のRDプログラムが、ついにフレンズオンアイス2022(荒川静香さんプロデュースのアイスショー: 2022/8/26-28)でお披露目に。

振付は、公式発表だけで総勢6人。
Marina Zoueva/ Ilia Tkachenko/ Maxim Kozhevnikov/ Sarry/ 矢内康洋/ Randi Strong。
かなだいチームの競技用の振付は初年から複数人体制だけど、それにしても今回は多い。

前にズエワコーチが取材で話していた*1、現在かなだいが指導を受けてる「元世界チャンピオンのプロダンサー」というのが、Maxim Kozhevnikovさんの事なんですね。初年のRD "Mask"でも振付師として名前があった方だ。
Sarryさんと矢内さんはかなだいと氷艶2019で共演したダンサーズ、Randiさんは元々ズエワコーチ陣と縁があるっぽいけど、高橋君と2016年のフロアダンス(Love on the Floor)で共演した懐かしのお姉さまでもある!競技以外での繋がりが、こうして競技に繋がってくのも感慨深い〜。

フロアダンサーの振付師の多さからも、超本気ラテンダンス習得への熱意が見えるようですが、まさに熱い!踊れる二人、哉中サマ×大サマの踊りまくりメラメラプログラム!

速い動きの中でキュッキュって二人で止めをシンクロさせるのって、本当にイイもんだ。めちゃめちゃめっちゃ好き。それがあっちこっちずっと続くのだ!
肩クイっ、腰キュッキュッ、足捌きでカッカッカッ。
しかも二人とも、緩急が、鬼!

最初っから豪速フルスロットルな踊りにガーーーーっと体温あがる。息も上がる。なんかジッとしてられなくなる。”You Wanna Move?” YES I DO!
オーエー!の掛け声(?)と一緒に叫ぶようなエネルギッシュなツイズルとか、私も叫びたい!(TV前ならOK)

この最初のアップテンポなコンガの後に"Ahora"のスローパートが来るんだけど、スローだからちょっと一息落ち着いたり…はできない!全然!けしからない!!
首筋への手の触れ方やら、足の絡め方やら、あとなんせ足元のエッジ捌きから出てくる艶っつやの何かにやられる。艶のオンパレードで血が昇る一方。哉中ちゃんも大輔さんも動きのうねり方が絶妙で、目からのめり込んで抜け出せない(モウナニ言ッテルカワカラナイ)!

そこからもう一度曲調が変わって("Move")、二人揃ってさぁ行くぜー!なパーカッション×ステップに、更にテンションがあがっていく。

あの、まったく、息つく暇が一瞬もないですよこのプロ(私が)、どうしよう。
"Can you handle this?" って二人が鏡合わせで目を合わせたまま、首クイって挑発し合うなんて、撃ち抜かれて息絶える(私が)。なのに、すぐに魅惑のステップなので、息絶えてる場合でもない。倒れた途端にムリヤリ蘇って、忙しい!

腰フリフリの哉中ちゃんの活気溢れる艶っぽさ、高橋くんのブレない体幹から繰り出される空間を操るゆらぎみたい動き。
首でアクセントつけるのも、最後のカラランって鳴る打楽器にそれぞれカラランって肩から胸部で振動を取るのも、そうゆう細部がたまらなく好き。これぞダンス!

プログラムに散りばめられたけしからん素晴らしいアクセントの数々と、大好きな曲線ムーブメントの絶え間ない怒涛攻撃で、なんか身体中が沸騰しっぱなしみたいになるんですが、私の血圧と心臓はこの先大丈夫なんだろうか?皆さん大丈夫でしょうか??心臓(と血圧も)はどう鍛えればいいんでしょうか???おしえて田中亜希子先生!*2

今回のアイショーではプログラム出来立てって感じで、RDに必須のリフトの要素も入ってなかったし、振付はまだ変わるだろうけど、次がどうなるかまた楽しみ!

二人でたくさん試合に出て、たくさん演技の機会があるといいな。

かなだいガンバーーーーーーーーー

*1:Number Web フィギュアスケート、氷上の華(2022/6/30)の田村明子氏による取材記事

*2:田中亜希子さんの素敵なFOIかなだいレポートで、ドキドキの試合に備えて「心臓を鍛え」よう!とご提言いただきました!鍛えたい!笑