はてはてマーチ

「高橋大輔」を好きなだけ語るブログ

高橋大輔 来季よりアイスダンス転向(の自分の衝撃)

高橋大輔アイスダンス転向情報第1波目の感想

ああ驚いた。


最初に聞いた時は、自分の血流が一瞬逆回りしたかと思いました。
はぁ〜ビックリした!

高橋大輔選手が来年1月からアイスダンスに転向し、村元哉中選手と組むというニュース。

この方、アメリカから帰って以降毎年衝撃の爆弾を落として下さってますが、なかでも昨年の競技復帰は衝撃度が激甚だったけど、先の読めなさは今回の方が上。自分には。
復帰の時は、めちゃめちゃ驚いたけどスケートそのものは前回引退後からも見てきてたし、スケートとしては、先を想像…出来ないけど出来ない訳じゃなかった。(ってワカリマス?)

具体的には分かんなくても勝手に描けるスケートの世界があったというか。


でも高橋くんと哉中ちゃんのアイスダンスは完全に未知の世界。
自分にはまったくもって予想がつかない。
白紙。
だからこそのワクワクもある。
見たいかと言われたら速攻で見たい!めっちゃ見たい!

見たい!

でも実は本当は正直に言えば

シングル高橋大輔の世界を見続けたい。

けどアイスダンスの挑戦もワクワクする。
どっちも本当に本当。

斯くなる上は私が今一番願うのは…

高橋くん細胞分裂かなんかで二人になって、シングルとアイスダンス両方同時にやってくんないかなあって事なんです。

ホント今までもこの"高橋複数必要説"、沢山のファンの方が仰ってましたが、自分も切実に願ってしまう。

…だって、高橋大輔一人でリンクに作るあの世界、四肢の全てを自由に使う動き、空気の重さや質感まで変える指先の繊細さ、ふんわりジャンプも疾走するスケーティングも独特のタメも底の見えない独自の世界観も、どっぷり愛してきたから。
それをフルリンクサイズでもっともっと見たいって、こっちの欲は果てしないけど。

でもデモでも、哉中ちゃんとの新しい二人の世界にも、やっぱりワクワク✨するんです。
アイスダンス是非やって欲しい
どんな新しい世界観を見られるのか、その化学反応が楽しみ。

け、
けど、高橋くんのフルリンクサイズのシングルのスケートもな〜〜〜うぁぁぁぁぁ。

9月26日の公式発表ではまずは驚きの衝撃で、
次に新しい世界への喜びと楽しみと
シングル競技は残り僅かな寂しさと
でも結局はどっちも繋がってるんだと思う納得と。
自分の感情が目まぐるしいけど、二人の言葉の情報が増える毎に楽しみが膨らんで加速してます。

自分は衝撃の一報の翌日から、なんと連日ネット環境のない場所での仕事でまるで情報が追えず、今になってやっと沢山の補足情報を漁って(追いきれないけど)咀嚼して、じわじわ実感が湧いてきてるところ。

いっぱい情報残して下さる皆様ありがとうございます🙏
お陰様で聞きたかった言葉が沢山聞けました。

頑張れカナちゃん頑張れダイさん。

記事やインタビュー等の言葉達

高橋大輔選手の、「(二人なら)一人ではできないポジションに体を傾けられる」って言葉は、それだけでゾクゾクする。

高橋くんの新しい世界が見られるんだ!ってワクワクします。
東スポ記事9/30の、村元哉中選手の「エッジのグッという深さ、今までにない感覚」って言葉も。

一緒に滑ってみて”難しい”じゃなく”楽しかった”と言った高橋くんの言葉を「嬉しくて心に残っています」と言った哉中ちゃんにも、なんか共感する。

失う訳じゃない。新しく得るんだ。
高橋くんはきっとそう思ってるんだな。
「シングルをやりきったわけではない」でも「挑戦するなら今しかない」って高橋くんの言葉を聞いて、すごく納得できました。 

29日のサンデースポーツでは、アイスダンスをやりたいと思った最大の理由は?と大越さんに聞かれて「知らない世界を知る面白さ」って高橋くんキラキラの目で答えてた。
そうなりゃこっちも咄嗟にワクワクしてしまう。
それに

スケートを突き詰めて行きたい。長いあいだ表現者としてスケーターとしてやって行きたいというその一本だけがずっとあるので、そこを突き詰めて行きたい」
ってそんな言葉を聞いたら、よっしゃドンドンやってください!って思う。

で、でもやっぱり来年1月からしばらくはシングルの世界は見られないのか…とか不意に思って…イヤイヤだって高橋くん一人しかいないし嗚呼どうか分身の術をってまた思考が振り出しに戻るんだな。(この現実を見ないグルグル何回目…)



今まで見てきた高橋くんの世界をあまりにも溺愛してるので、その世界のファンとしてはもうしょうがないコレは。でも高橋大輔って人物を応援する目線ではこの挑戦は大歓迎だし、高橋大輔のスケートという観点でも長い目で見れば絶対素敵な事件の予感がするし、今まで高橋くんが何か新しい事に挑戦して新たな扉を開く度に思ってきたように、アイスダンスのキッカケをくれた哉中ちゃんを近い将来感謝で拝み倒すだろう自分がもう目に見えるけど、けど、目先の欲に溺れやすい私はまだしばらくはウダウダ無意味な堂々巡りをやってるやも知れませんが、でもアイスダンスの世界には今からワクワクです。(右往左往)

あ〜高橋くんが最低でも後もう1人、出来ればもう2〜3人いるといいんだけどなあ!!

しょうがない。

いかに高橋大輔が魔法を使ってるように自分には見えたとしても、分身の術はまだ出来ないみたいだし。
それなら高橋くんがキラキラ楽しく取り組むものを応援するのみです!

いいんだ。
フルリンクサイズのシングル競技は、いつか区切りが来るのは分かってた。そうなんだ。
思ったより早くて動揺したけど、終わりを決めて早々にお知らせしてくれて、心の準備が出来るんだから、12月の”フェニックス”と”Pale Green Ghosts”まで、全力で楽しむ。

楽しむ!

そしてその後はアイスダンサー高橋大輔の誕生を、楽しみに待ちます!

新しい挑戦と新しい応援

ジェットコースターすら超える予測不能な破天荒人(高橋くん)の思考に、私はすぐには追いつけないけど、偶に胃がひっくり返るくらい揺さぶられるけど、これがまた楽しくもあるんだな(笑)。
いや、よくよく見ればめっちゃシンプルで分かりやすい思考なんだ。
よりスケートを突き詰めたい。それだけ。
その方向や手段がちょっと(?)ぶっ飛んでるだけで。
予定調和ナシ。安定志向ゼロ。
どこまでも新しくて鮮やかな高橋くん。
ゆっくり付いてこう(笑)

そして村元哉中選手と言えば、平昌五輪シーズンの桜プログラムが本当に本当に素敵で、自分も大好きなプログラム。
元々シングル選手だった頃からそうだったけど、大らかなのある選手だなって思う。

クリスと作る空気感も素敵だったけど、高橋くんとだとどうなるのか。
二人一緒にいる練習時の空気がとっても華やいで陽の気が溢れて見えたから、きっと素敵な世界を見せてくれるだろうな。
今年の全日本も楽しみだけど、1年以上先の来年の全日本も新世界の楽しみが待ってるって、考えたらめっちゃ贅沢だ✨

ダンスに転向してからアイスダンスをもっと知ってもらおうって、ずっと頑張ってた哉中ちゃん。
クリスとの解散は哉中ちゃん達のダンスが見られなくなる寂しさでいっぱいだったけど、また彼女のアイスダンスが見られる。
それだけの意味でも良かった。

アイスダンスをもっと普及させたい。
魅力的なアイスダンスを見せたい。
哉中ちゃんの夢もまた動き出した。

こうやって高橋くんを介して、私にも応援したいと思う夢が増えてく。
そして、自分も頑張りたいって思う。

なんだか最近の高橋くんを見てると、世界が素敵に見えてくるな。
高橋大輔って人は不思議な人だ。
不思議な人です。私には。

村上佳菜子さんもインスタ
「私も、大ちゃんを見習ってもっと自分に期待して新しい挑戦をしていきたいです!!」って書いてた。
佳菜ちゃんも新しい挑戦をし続けてる人だけど。
ホントここ何年かの高橋くんは、なんだか見てるだけで元気を貰える。

そうそう肝心な事。
時事さんからの会見の詳細によると、高橋くんシングルはこの先全然やらないって訳じゃなく、アイスショーなんかではやってくれる気なんですね。
そうですよね。そりゃそうですよね。そうだろうとは思ってたけど本人の言葉が聞けてホッとしました!

www.jiji.com是非読みたい会見全文は、多分そのうちキスクラさんが…🙏

(10/3追記:キスクラさんから会見取材、前編・後編がきたのでリンク🙏)
前編 https://www.tvguide.or.jp/feature/kissandcry/20191002/01.html
後編 https://www.tvguide.or.jp/feature/kissandcry/20191003/01.html