はてはてマーチ

好きなプログラムを好きなだけ語る場所

どんな道でも 高橋大輔の道だから!

先週末、高橋大輔選手の新プログラムが広島でのアイスショーでお披露目される予定でした。が、直前の練習で足を痛めたという事で、大事をとって演技は取りやめに。

幸い怪我は深刻なものではなく軽度の肉離れと発表されてホッとしました。
試合のために、今、完治させる。当然の選択なんだけどその決断が嬉しい!

それでも、お詫びの気持ちを伝えたいと挨拶の為だけにショーの会場に来た高橋くん、その彼に声援を届けようと会場に向かったファンの方達、温かい気持ちにあふれたその場の様子をSNSでレポートして下さった皆様、お陰で自分もそのあったかい雰囲気のお裾分けと安心を頂きました。ありがたいー!

会場で初めて情報を知ってガッカリした人も大勢いたろうし、ご本人こそ一番辛いだろうに落胆したお客さんに申し訳ありませんって頭を下げに、広島まで4公演全部に来ていた高橋選手の気持ち。それに応えるようにあったかい声援がたくさん飛んでたって聞いてじーんとする。

高橋くんもお客さんもめちゃめちゃ残念だったろうに、お互いを思って励まして励まされて…そんな気持ちがその空間にきっと沢山あったんですね。うぅぅ。

5シーズンぶり、32歳での競技者生活。簡単な道じゃない。
大変だと思うってご本人も復帰会見で言ってたし、うまく行く事も行かない事も全部ひっくるめて選んだ道。

会見の時に言ってた「何かを失ったとしても得るものは必ずあると思う」って言葉がとても胸に響いた。険しい道と分かっていてもやりたいと思ったら行かずにはいられないんだろうな。その行動力に感動するし改めて尊敬する。
高橋選手の挑戦そのものが、見ているだけの自分にも本当に夢のような宝物です。どんな道かは分からなくても、ただ勝手に元気づけられて喜んで勝手にわーわー応援してます!

Come what may.

以前好きな英語のフレーズを聞かれて、高橋くんこの言葉を言ってた。

何があっても。

あらためていい言葉だなあ。

応援できる事がすごく嬉しい。
新プログラム、楽しみに待ってます!

今はしっかり肉離れを治してください!


さて新プロお披露目の楽しみが先に延びた所で、引き続き、過去自分が沼へと落とされていったプログラムについて、大好きポイント羅列感想文を続けます〜。

2005年から徐々に落ちていって、ついにソチオリンピックシーズン。

ショートプログラムバイオリンのためのソナチネ」は自分が受ける印象では張りつめた弦の音が闘いのイメージ。優勝した気迫のNHK杯の演技が印象強くて余計にそう思うのかも知れない。あの時はかなりジャンプに集中していて、絶対にやり切るという強い意志を感じる演技だった。

対してフリーのビートルズメドレーは愛と感謝を伝えるプログラム。
高橋くん自身が伝えたかったという優しいメッセージ性のせいか、足の状態がどうであってもプログラムの核の部分はいつも伝わってきた。

どちらもソチオリンピックを戦った大切なプログラムだけど、大好きなそのビートルズメドレーの方についての感想。

…何だかまた前置きがやたら長くなってしまったので次のエントリーに分ける事にします。

次こそビートルズメドレー!


追記

KISS&CRY編集部さんから、なんと広島での高橋選手のご挨拶全文のレポートが来たので、アドレスを追記しておきます〜。高橋くんゴンドラ乗って登場したのはやっぱり恥ずかしかったんだなあ(笑)

http://www.tvguide.or.jp/feature/kissandcry/20180821/01.html